修理前の看板

何年もの間に、ノースショアの住民はハレイワのカラフルな看板が
破壊されたり盗まれたりすることに諦めてしまっていた。

3つのサインはノースショア商工会議がそれぞれに
$5000を払って10年以上前に設置したものだ。

看板にはそれぞれ200ポンドの重さがあり
金属製の柱にしっかりと固定されていた。

しかし、1996年に2つが盗まれた。
両方とも後で発見され再び掲げられた。

3つ目の看板は2001年3月に盗まれ見つかることはなかった。

2004年9月には、もう一つも同じ運命を辿って再び盗まれた。

昨年、残った一つの看板からサーファーが削り取られた後
地元の人は諦めたようだった。
なくなったサインを作り直したりサーファーを復元する予定は立てられなかった。
当時、サーファー人形はなんらののこぎりで切り取られた跡が痛々しい。
まわりもステッカーなどペタペタ貼られて汚くなってました。
  BACK